ミレニアル世代とは

アメリカで1980年代初頭から2000年初頭までに生まれた世代を指す。特に2013年に大学を卒業した20代半ばが一番多いといわれている。物心ついたときからインターネットやデジタル機器に慣れ親しんでいることから、デジタルネイティブといわれることもある。日本では「ゆとり世代」がこの年代にかぶる。日本では日本は少子高齢化でこの世代は少ないが、世界的に見てもこの層は人口が多く、これからの消費をになっていく企業にとっては重要な世代である。

SNSで世界中の顔も知らない人と繋がったり、自撮り(セルフィ)の写真を頻繁にアップすることにまったく抵抗を示さない。アメリカのミレニアル世代の80%以上がfacebookを利用しており、繋がっている人の平均は250人という説もある。

この世代は経済的に比較的恵まれた環境で子ども時代をすごした親世代に比べリーマンショックを体験したり、大学を卒業しても就職先がない、多額の奨学金の返済で金銭的に余裕がないなどの苦境に立たされていることも少なくない。

そのためか親より上の世代に比べ車や家など、物を所有することにあまり興味をしめさない。インターネットであらゆるものが共有できる環境で育ったためか、『持たなくていい。必要なときにアクセスできればいい』という意識がつよく、車、部屋などあらゆるものをシェアする『シェア・エコノミー』が発達したのは、この世代の台頭が一因でもある。

従来の政治に不信感を抱いており、アメリカのあるアンケートによると、アメリカの大手銀行はすべてミレニアル世代からきらわれているという悲惨な結果が出た。アメリカ史上初の黒人大統領、オバマが選出されたのもこの世代の後押しが強かったからだといわれている。最近になって性的マイノリティへの偏見が急激に減ってきているのも多様性をうけいれやすいこの世代の価値観が大きく影響している。

アメリカは多人種国家であるが、ミレニアル世代の人種比を見てみると、白人以外の人種が43%を占めという結果がでている。これも価値観の多様化の一因であるとみられており、企業にとってはこの世代のニーズが掴みにくいことの原因でもある。社会貢献に関心が高いのもこの世代の特徴である。この世代の大半が会社での出世よりも、社会に貢献できる仕事がしたいと望んでいる。

一方で、上の世代からはネガティブなレッテルも貼られることも多い。少子化の影響で一人っ子が多く、過保護、ナルシストなどの評価をされることがある。実際、自立を尊ぶアメリカの中でもヘリコプターペアレントという過保護な親はこの世代の親であり、セルフィをSNSにあげて自分を演出することがナルシストと評価されることに繋がっているとみられる。

貧困にあえぐ一方で、企業家が多いのもこの世代の特長の一つとされている。しかし、この世代が立ち上げるスタートアップ企業はフリーランスで働く若者も多く、それが若者の収入の不安定化や格差をひろげているという皮肉な現実もある。

1.おっさんの節約&小遣い稼ぎの術
株主優待&マイレージ&ポイントサイト&アフィリエイト&FX&先物etc…その他目新しいものにもどんどん投資して紹介していきます!

2.ネットで稼ぐ技
ネットで稼ぐ技や節約術、副収入を1からを始める体験記

3.過払い金返還請求に成功して、あなたのお金を取り戻そう!
消費者金融(サラ金)、クレジット会社、信販会社の負債、返済に苦しんでいる人にアドバイス。

4.スマートフォンで株 | AndroidやiPhoneで株取引を始めよう
スマホを使った株取引の方法や関連情報、株アプリと証券会社の紹介など、スマホで株取引を始めるための情報をお届けします。

5.金運を引き寄せる!宝くじ高額当選者の共通点
金運を引き寄せる!宝くじ高額当選者の共通点

6.借金の返済一本化はどうやるの?借金200万円生活とおさらばする方法
借金で苦しんでいる場合、複数の会社からお金を借りていることも珍しくはありません。

7.シデとセルリアンの節約blog
日々の生活、節約、投資、趣味についてコソコソと綴ります

8.内職!ネットで稼ぐ!節約する!プチ金儲け☆
まだ出来ていないのでテキストリンクでお願いします。 

9.低収入の会社員による「何事もコツコツと」
節約をしながら株式投資を行い、コツコツ資産を増やしていきます。